2023年度 教育関係者等を対象とした授業研究支援 全国研修会

2024/3/3


NUMOではこれまで高レベル放射性廃棄物の地層処分をどのように次世代へ伝えていくかについて、全国各地の先生方のご協力を得て研究および実践を進めてきています。
このたび「高レベル放射性廃棄物の地層処分を授業でどのように取り上げるか」をテーマに、授業研究やその実践などの報告を各地の先生方からいただき成果を共有するとともに、今後の課題を検討する機会として「全国研修会」を開催いたします。
なお、本研修会は対面にて開催いたしますが、多くの皆様にご参加いただけるようオンライン配信も予定しています。
年度末のご多忙な時期と思いますが、皆さまの積極的なご参加をお待ち申し上げます。


2023年度 教育関係者等を対象とした授業研究支援 全国研修会
開催日時 2024年3月3日(日)9:30-15:15 ※受付9:00〜
開催方法

日本科学未来館 および オンラインによる参加

内容・開会挨拶
・基調講演「日本のエネルギー!その特殊性を歴史から考える」
 講演者:金田 武司 氏
(株式会社ユニバーサルエネルギー研究所 代表取締役社長)
・支援先の先生方による実践発表・意見交換会
・ブース形式の交流セッション
・まとめ
・閉会挨拶
参加対象 エネルギー教育に関心のある教育関係者
参加費 無料
主催 原子力発電環境整備機構(NUMO)
運営 2023年度 教育関係者等を対象とした授業研究支援 事務局
mail:info@numo-eess.net

 

応募締切:2024/1/31(水) 23:59 までにお願いします。


※プログラム、スケジュールは一部変更する場合がございます。


日本科学未来館での参加受け付けは終了いたしました。
オンラインで
参加希望の方はこちら